京都市山科区の外壁塗装・屋根塗装はリペインターズへ

京都市山科区周辺におけるリペインターズの施工実績をご紹介します

WORKS

塗装日誌

大阪府枚方市 下塗り塗装〈店舗〉

2022/12/27

こんにちはリペインターズの広報担当です。
大阪府枚方市にある店舗の外壁塗装工事の様子をご紹介しております。

前回下処理作業を行いましたので、今回は下塗り塗装を始めていきます。
使用する塗料の紹介もあわせて施工の様子をご紹介します。

下塗り作業の様子

施工面はモルタル壁とサイディング壁の二種類が有り、それぞれ使用する下塗り塗料が違います。
それぞれ詳しく紹介していきます。

モルタル外壁

塗料を用意しまして、足場に昇り塗装を開始して行きます。

使用する下塗り塗料

モルタル壁に使用します、下塗り塗料はエスケー化研水性ソフトサーフSGです。

エスケー化研 水性ソフトサーフSG

施工後は既存旧塗膜と強固に密着します。
さらに各種の水性、溶剤形仕上げ塗材に対して、しっかりとした付着性を発揮します。
下塗材としてのシーラー機能にフィーラー機能も備え持ち、更に中塗り機能を併せ持つトリプル多目的1液サーフェーサーとして、工期短縮、改装工法の単略化が進められます。

塗料の特徴

・1つの材料で下地の調整、下塗り、中塗りを兼ねる事ができるので工期を短縮出来ます。

・ひび割れ追従がありますので施工後は塗膜が細かな割れ、外壁の動きに追従し、長期に渡り細かなヘヤークラック等からの雨水の侵入を防ぎます。

・上塗り塗料を塗り重ねる時に、水性、溶剤形まで幅広く相性が良く、優れた密着性を示します。

・水性塗料ですので、溶剤形と違い臭気が低く環境に優しく、水で希釈できるので作業性が良く、材料の保管も簡単です。
ホルムアルデヒド拡散等級F☆☆☆☆エフフォースター認定品です。

塗装の様子

いつも通りに上から下へと塗料を壁面に塗りつけて、施工していきます。

大阪府枚方市 店舗の外壁塗装工事 ⑤(モルタル壁下塗り塗装概要編)

外壁面はツタの木が付着していた事もあり、剥がした際の既存塗膜の剝がれ等が有りますので、塗料をたっぷり付けて塗り進めます。

事前に下地調整でクラック類はウレタンシーラントのコーキング材を注入して塞いでおきました。
既存塗膜の浮きも剥がれ周辺に散見されましたので、ここも将来の剥がれに繋がりますので、剥がしておきました。

剝がさずに、塗装してしまっては密着していない事になりますからね。
しっかりと下地処理は済ましておきました。

大阪府枚方市 店舗の外壁塗装工事 ⑤(モルタル壁下塗り塗装概要編)

建物の南側と西側の壁面はジョリパット処理された模様が仕上げられています。
そこには、今回のようなシーラー、フィーラーの機能も備え、下塗りながらも中塗りも兼ねられる、塗膜性能を持つ“水性ソフトサーフSG”が適しています。

▷参考記事:モルタルの外壁塗装にかかる費用相場を解説

サイディング外壁

サイディング外壁に使用する塗料を用意します。

使用する下塗り塗料

使用する塗料は日本ペイント1液ハイポンファインデクロです。

日本ペイント1液ハイポンファインデクロ

主剤と硬化剤に別れたエポキシ樹脂含有の塗料と同じ防錆力を持ち、専用のペイント薄め液で希釈し乾燥性の優れた鉄部用1液タイプさび止め塗料です。

塗料の特徴

塗料用シンナーで薄める事ができますので扱いやすい塗料です。
・硬化剤の必要が無い1液タイプですので、施工性に優れて塗料のムダがありません。
・速乾性があるタイプですので、手離れが良く工期を短縮できます。
・塗布する下地との適応性が良く鉄以外でもステンレス、アルミニウム、FRP板、メッキ下地にも対応でき、劣化したメッキ下地にもサビの除去が必要ですが施工できます。
2液変性エポキシさび止め塗料と同じ防錆力があります。
・刷毛塗り、ローラー塗りともに作業性が高いです。
・鉛成分を含有しない環境配慮型塗料でホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆エフフォースターで環境配慮型です。

塗装の様子

隣地ブロック塀がすぐそばに迫っていますので、閉所ですが壁面の上部よりローラーで塗り進め、塗りにくい個所は刷毛を多用し塗布していきます。

サイディング壁下塗り

施工面は金属サイディングですので、モルタル壁のようにひび割れは起こりませんがサビの発生は抑えていかなければならないので、下塗り塗料は変えて施工します。

まとめ

以上で、予定通り作業終了です。

下塗り塗装は、次の工程の中塗りや上塗り塗装の塗料がしっかりと食いつき、また余分に壁面に塗料が吸い込まないように施工するのですが、既存の下地に合った塗料を選択しないといけません。
今回の場合、モルタル壁は細かなひび割れに対処すべく、追従性がある塗料を選択します。

サイディング壁は金属製なのでさび止め成分を含有する、弱溶剤系塗料を使用さして頂きました。下地に合った塗料を選ばないと本来の性能を発揮できないばかりか、塗料の剥がれや浮きに繋がりますので、慎重に選んで施工しています。

▷参考記事:外壁塗膜の剥がれ・膨れはなぜ起こる?原因と対処法を徹底解説

京都市山科区を中心に外壁塗装工事、屋根塗装工事を承っているリペインターズです!
塗装に関しては門柱、フェンス等の細かな塗装も対応しております。
山科区以外の地域からのお問合せも大歓迎なので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

電話

現地調査依頼でQUOカードプレゼント
お問合せはこちらから

TOP