京都市山科区の外壁塗装・屋根塗装はリペインターズへ

京都市山科区周辺におけるリペインターズの施工実績をご紹介します

WORKS

塗装日誌

京都市左京区にて外壁塗装に伴う軒天塗装・外壁補修〈中古住宅リフォーム〉

2022/11/11

こんにちはリペインターズの広報担当です。
前回からの続きの様子をお届けします。

★前回はこちら

軒裏天井の塗装

京都市左京区の中古住宅外壁リフォーム工事の様子をご紹介しています。
軒裏天井の損傷している部分は大工さんにお任せして、それ以外の軒天裏を塗装して参ります。

塗装する軒天裏の施工面は二階の大屋根部分と一階下屋の軒天です。
両方とも建物をぐるっと一周して、問題なく塗装可能な事を確認済みです。

ここで施工に使う塗料をご説明いたします。

使用塗料

今回は水性エマルションペイントの【ケンエース】を使用します。
しみ、ヤニ止め効果と優れた密着性・反ポルューション(防汚)・防かび性能を有し、揮発性有機化合物量1%以下に抑えた水性壁面用つや消し塗料です。

★エンケースの特長

塗装素地への密着性が勝る為、シーラーレス施工が可能です。

・環境に配慮しており、水性化により、揮発性有機化合物(VOC)1%以下、F☆☆☆☆を実現。
落ち着いた仕上げのつや消し塗料です。
・塗膜は硬く緻密で有り、付着した汚れを簡単に拭き取れます。
・密着力にすぐれ、透湿度も高いです。
・塗面を包み覆う事が出来るので高い隠ぺい性(とまり)を生じることが出来ます。

実際、使用してみたところ元々シミがあった壁でしたが、水性ケンエース使ったら目立たなくなりました。
特に今回の様にシミができやすい軒天には昔から水性ケンエースで不具合なく施工出来ております。
水性塗料なので施工中の塗料の臭いも気にならず、仕上がりのつやが消えてイイ状態です。
また、費用対効果も抜群ですね!

先ずは下塗りから、色目は黒色を用い軒天裏と垂木部分を塗り進めていきます。
ケレン作業を十分に行っていますので、安心して進める事が出来ます。

小屋裏の換気部分である外壁、三角部分の矢切も指定の艶消し黒色に塗装していきます。
真下にある幕板も同様に塗布していき、建物の全面上部は一回目の塗装を終了しました。
他の木部も順次、塗り進めを進めていきます。

軒天裏の塗装も終わり、外壁塗装工事の方は建物の窓、サッシがすべて新規で交換です。
それに伴い、既存壁を窓の部分だけ斫り、古い窓建具を外します。
そして、新しい窓サッシをはめ込み、固定していきます。

壁を斫った上での取り付けですので、割れた壁面とサッシの隙間を左官屋さんがモルタルを塗りつけて、シゴイテいきます。
窓サッシと壁の取り合い部を平滑に整えて、違和感ない様に作り上げていきます。
この左官屋さんの作業が終わらないと、外壁塗装が行えません。
手待ちで待っている状態なので、他に出来る作業をしていきます。

モルタル壁の外壁なので、経年によるクラックが発生しておりますので、これをコーキング剤を用いて埋めていきます。

コーキング

使用するコーキング剤は【スーパーコーク】ノンブリードタイプです。

黒じみ・べた着きを引き起こす可塑剤を無配合のアクリルエマルジョン系シーリング材です。
水性ですので、施工性に優れており乾いた後も柔軟で、完全に乾燥した後の上塗り塗装後にシーリング材が浮かび上がる事を防止します。
環境に配慮しており、建材に含まれるホルムアルデヒド・F☆☆☆☆エフフォースで使用する制限がありません。


コーキング剤の特長

使用感が良く、火気の心配しなくていいです。
施工後に塗料の乗りが良くなり、吹き付け塗装にも影響が出ません。
表面の粗い素材にも、接着し水で濡れていても、施工に困りません。

製品の用途

今回のように壁のクラック補修や壁、天井の取り合い部の隙間充填、建築物全般に使用します。

実際の施工では壁面のクラックに写真のように充填していきます。
白く線が続いている個所がシーリング材で補修を行った部分です。

左官屋さんが壁面に取った、縦に流れる収縮目地にもシーリング材を充填していきます。
すでに有る、既存の収縮目地から、もちろんサッシ廻りの新たに作った収縮目地にも同様に充填していきます。
次の工程である、外壁塗装の下塗り塗装に備えるのです。
作業の区切りが、出来ましたので、本日のところはここら辺で失礼します。

京都市山科区を拠点に外壁塗装工事を承っているリペインターズです!
建物の塗装に関しては、屋根塗装工事、フェンス等も施工しております。
一般の塗装以外にも、賃貸物件の塗装工事も多数行っていますので賃貸オーナー様のご連絡もお待ちしております。
事業所の有る山科区が拠点ですが、もちろん、山科区以外の地域からのお問合せも大歓迎なので、どうぞご遠慮なくご相談ください。


現地調査依頼でQUOカードプレゼント
お問合せはこちらから

TOP