京都市山科区の外壁塗装・屋根塗装はリペインターズへ

京都市山科区周辺におけるリペインターズの施工実績をご紹介します

WORKS

施工実績

京都市山科区 SRC造の外壁塗装

2023/11/23

京都市山科区 SRC造の外壁塗装 工事の概要

現場住所 京都市山科区
施工内容 外壁塗装
施工箇所詳細 以前のひび割れの補修跡が浮き出てしまっている
施工期間 10日間
外壁使用塗料・塗料色(下塗り) アステックペイント社 エピテックフィラー
外壁使用塗料・塗料色(上塗り) アステックペイント社 超低汚染リファイン1000si-IR
工事金額 120万円

お客様のお困りごと・ご依頼のきっかけ

ホームページをご覧いただいたお客様より、京都市山科区にある築約50年の倉庫付物件の外壁補修のご依頼を賜りました。
ひび割れを補修した跡が浮き出て見えるので、補修跡が分からなくなるような仕上がりにしたいとのご要望でした。

京都市山科区K様邸にて外壁塗装の現場の様子をご紹介いたします。

施工前の様子

現場の物件は鉄筋コンクリート造の2階建の建物です。
施工前はミミズ腫れのように建物のあちこちに補修跡が目立っておりました。

足場設置の様子

協力業者の足場屋さんにパイプを組んでいただき、自分たちでシェードを取り付けました。
塗料の飛散防止や、誤って落としてしまった物が人や車に当たらない様に保護する役割もありますので、しっかり設置していきます。

膨らみ部分を削る作業

亀裂を補修する際に使用するパテが亀裂の形に沿って盛り上がり、ミミズ腫れの様な外観になってしまているので、パテが盛り上がっている部分をサンダーで削り取っていきます。
亀裂の部分にはすでにパテが補填していますので、盛り上がっている部分を削っても問題はありません。

パテ補修

削っただけでは周囲との差が出来ている状態の為、近づいてみるとデコボコが目立ちます。
パテを使って補修跡が周囲と馴染むよう均していきます。
パテにもいくつか色の種類がありますが、こちらの現場は下地に白系の塗料を使うので下地に合わせて白系のパテを使用しています。
パテの乾燥時間は4~5時間を要します。

下地

下地は多孔質ローラーと呼ばれる、網目状のローラーを使って塗っていきます。
このローラーは、塗装の表面にデコボコの模様を付ける事が出来るため、意匠性の高い塗装に使われる道具です。
模様の加減で塗料の付が均等で無い分、厚みも増すのでひび割れしにくい塗膜を形成するメリットもあります。

養生

元は鉄工所だったというこの建物は、クレーンを設置していた鉄製の柱等が残っています。
今回塗装するのは外壁なので、鉄柱は勿論、2階へ上がる外付階段、ダクトなど、塗らない部分にはしっかり養生していきます。

下塗り

今回はアステックペイント社の『エピテックフィラー』を使用しました。
粘度が高い塗料で、亀裂や補修跡のようなデコボコの隙間に密着しやすく、パテのように均等にしてくれる役割も果たす優れものです。
下地の時とは異なり、塗りの作業時は村にならないよう極力均等に塗る事を心掛けます。

中塗り

下塗りは白系の塗料を使いましたが中塗りは仕上がりと同じくの黒系の塗料を塗っていきます。
あえて下塗りを白を塗る目的は仕上げの塗料の発色を良くすることと、しっかり工程を踏んで3度塗りを実施している事が施主様にも目で見てお分かりいただける為です。
いい加減な作業をせず、しっかり施工している姿をご確認いただく事で無用な不安を払拭して頂けると考えております。

上塗り

塗布する手順は、上から下へ。
刷毛とローラーを駆使して屋上のに近い部分から1階へと塗り進めます。
施工前と同様、黒系でマットな光沢が出る3分艶の塗料を使用しました。

この建物は東西北は足場を設置しても余裕のあるほど空いているのですが、南面は隣家との間が1mもないほど接しているため、施主様と話し合って一工夫しました。
それは、南面の壁だけ白色に仕上げる事。
隣家の北向きの窓は現場の建物の壁しか見えない状態なので、その上黒の塗装では折角差し込んだわずかな光も上手く室内に入りません。
白の壁は日光を反射するので、外壁に反射した光が窓から差し込み少しでも隣家の室内が明るくなるように、との配慮からの選択でした。

完成

2色塗りに、鉄柱のシルバーがアクセントになるカッコいい仕上がりになりました。
当初、施主様が気にされていた亀裂後も、どこに仕上がり時点ではどこにあったのかさえわからない程になっています。

施工担当社より

この度はリペインターズに外壁塗装をご依頼いただき誠に有難うございました。

今回の現場のように、鉄筋コンクリート造は構造的にも非常に長持ちする建物のため、塗装工事も2回、3回と定期的に行なわれます。
長年使っていると、外壁のひびや剥離なども起こってもしまって当然です。
その補修の跡が古い傷の様に残った建物は遠目から見ても目立つ場合があります。

リペインターズでは、施工後に補修跡が極力残らないよう工夫して塗装致します。
建物の傷や汚れ、補修跡など、諦める前にお気軽にご相談ください。

工事の詳細はこちら!



現地調査依頼でQUOカードプレゼント
お問合せはこちらから

TOP